人間が目に刺激を受けると赤・緑・青の3つの原色に分けて脳に伝達し、色を感じると言われています。
この3つの原色の刺激に沿うように、下の等色関数に示す三刺激値(X,Y,Z)というものが工業界で用いられています。
感覚量としての色を数値にするために、この刺激値が基本となってそれを数式で換算し(換算式参照)、様々な表色値を出すのです。
下の色表は色度座標であり、個々の三刺激値が占める割合を示しており、三刺激値そのものより直感的に色を把握しやすい表現です。

XYZ表色系色度図 −CIE(国際照明委員会) 1931XYZ表色系

色覚と三刺激値
等色関数

換算式