色を言葉で表すとき、人は様々な表現を用います。しかし言葉で正確な色を相手に伝えることができるのでしょうか?
日本では「虹は7色」と言われていますが、世界には5色としたり、中には20色とする国もあります。
十人十色の表色の世界。そこに共通した表色法があれば安心して色を伝達できるのでは……。
光の波長と色相
波 長 (nm) 色 相
380 〜 430   
430 〜 460
460 〜 500   
500 〜 570
570 〜 590
590 〜 610
610 〜 780
色を表現する時、マンセル表色系が広く用いられています。下図で示すように、縦軸に明度、外周に色相、中心より外側に放射状に彩度をとる円筒座標型の色立体がマンセル表色系です。
マンセル色相環 (JIS Z 8721 準拠 標準色票)
マンセル色相環
色相,明度,彩度の立体図

マンセル表色系「色相」「明度」「彩度」とは?

色相
H(Hue)
赤(R)・黄(Y)・緑(G)・青(B)・紫(P)の5つの基本色相と黄赤(YR)・黄緑(GY)・青緑(PB)・青紫(PB)・赤紫(PR)・の5つの中間色相あがり、各色相に0〜10の目盛りが付けられています。
明度
V(Value)
理想的な黒を0、理想的な白を10としたスケールで表し、明るさを色相に関係なく比較する度合いです。
彩度
C(Chroma)
彩度はその色の中の純色成分の含まれ具合を言います。無彩色を0とし純色と混合して純色成分の比率を上げていくと色は段々鮮やかになります。また、色相・明度によって彩度の上限は異なります。
5GYの明度と彩度(JIS Z 8721 準拠 標準色票)